二番茶が始まりました。

一番茶が終わってから一か月が過ぎ、二番茶の時期になりました。

梅雨時もあって休み休みのお茶の製造になりますが、暑い中頑張りたいとおもいます。

IMG_1574 IMG_1571 IMG_1570

写真はかぶせ茶の様子です。

黒い網をかけることによって、日光を遮り、葉緑素の働きを強くして、うま味と色を出す方法です。

お茶の色が真っ蒼になるんですよー。

ほとんどの商品が出揃いました!!

今年収穫した一番茶を仕上げした商品が出来ました。一年かけた集大成、「てっちゃんの茶工房」の深蒸し茶をお楽しみ下さい。

すべての商品が試飲できます。近くにお越しの際は是非お立ち寄りください。

 

てっちゃの茶工房の場所はこちら

ご注文はこちらから

お品揃え

ご注文承り票

TEL 0548-27-2043

FAX 0548-27-2500  (24時間受け付け)

 

 

==============

てっちゃんの茶工房のお茶の特徴は?

深蒸し茶という濃い緑色で、渋みがマイルドです。

深蒸し産地本場の牧之原台地にある農家直販のため、一般にイメージされるお茶よりもかなり緑色が濃く、また茶葉が細かいのが特徴です。

そのため、何度お湯を注いでも、きれいな緑色やしっかりとした味が出て、経済的にもお得です。

 

IMG_1529

IMG_1523

s-新茶

 

一番茶の様子 その二

IMG_1500

IMG_1538

続きです。手摘みの後は摘採機の出番です。愛車の「ごろう」は僕の相棒みたいなものです。

僕が就農した年にうちに来た彼はいつも畑では一緒です、もう8年位の付き合いになりますね。

多少無理をさせる事もあるけど頑張って働いてくれます。

 

IMG_1541

 

IMG_1543

IMG_1544

この写真は今年一番量があった畑です。少し進んだだけで袋が一杯になり収穫になかなか時間がかかりました。

緑の層がすごいでしょ?

一番茶の様子 その一

お久しぶりです、健悟です。

4月の下旬から、5月の中旬ごろまで今年の一番茶の収穫がありました。

今日はその時の様子を紹介していきます。

IMG_1528

IMG_1529

IMG_1527

まず最初は手摘みの様子です。

毎年この時期だけ来てくれている茶娘の方たちです。この道50年以上の人もいて、手摘みの正確さ速さは一級品です。

彼女たちは、僕が一かご摘む間に二かご、三かごと摘んでいきます。摘んだ跡も積み残しが無く綺麗に摘まれていきます。

一年に一回きりの手摘みを彼女たちも楽しんでくれています。

 

新茶が始まりました!

こんにちは、健悟です。

4月も下旬に入り、てっちゃんの茶工房でもいよいよ待ちに待った新茶が始まりました!

IMG_1457

一年の集大成、我が子達が良い芽に育ち、いいお茶になってくれるとうれしいです。

IMG_1523

最初は収量が少ないですが一番最初のお茶は、香り、味、色と新茶らしいいいものが出来ました。

IMG_1501 IMG_1512

 

春整枝 続き

IMG_1401

前回ぼさぼさの畑をお見せしましたが、この間綺麗にならしをしてきました。

さて春整枝の畑ですが、一般的に春整枝のお茶は普通のお茶と比べて味が落ちると言われています。

主な原因としては、葉っぱが不揃いになってしまい雑味が増えるらしいです。

「らしい」と書いたのは、僕はそうは思わないからです。

春整枝の畑は、収穫の時期こそ遅れますが、芽が急激に伸びてくれます。

その急激に伸びた芽は、普通の畑と比べて、葉っぱや茎が固くならないんです。

その茎まで柔らかい葉っぱをお茶にすると、普通なら丸くて固い茎がピシャンと平らになってうま味のある茎になってくれます。

さらに、葉っぱが不揃いという事は、良く言えば、みるい芽や大きく開いた味のある葉っぱなど色んな味が混ざり合ってくれるとも取れます。

色んな部位の味が楽しめるのは、雑味とも取れますが、そのお茶の特色でもあると思うんです。

 

てっちゃんの茶工房では、色んな味を味わって欲しいと思い、この畑で採れたお茶を「荒茶づくり」という仕上げ方にしました。

IMG_1351

この「荒茶づくり」は、見た目はいいものではないですが、本来のお茶のみるい所からこわい所、粉、茎などお茶の全部が一度に味わえる様になっています。

上品ではないですが、畑の恵みを残すことなく味わえるお茶になっています。おいしいですよ!

IMG_1354

荒茶づくり・原っ子兄ちゃん

100g・756円です。