秋冬番後の整枝です。

こんにちは、健悟です。現在てっちゃんの茶工房では秋冬番後のならしを行っています。これは秋冬番を刈った後を綺麗にする為の作業です。

一枚目の写真の右側がならしをやったあとで、左側がならしをする前です。この時注意しなければならないのが、来年の芽を傷つけないようにならしをすることです。来年の芽?と思う人もいるかもしれませんが、お茶の木は春に向けて支度をしています。

IMG_0217[1]

 

2枚目の写真を見てもらうと、お茶の芽のつぼみが見えると思います。このつぼみが寒い冬を乗り越えて、春にお茶の新芽となってでてくるのです。だから今からこの芽を大事に育てていくことがこれから春までの仕事となってきます。

IMG_02241-e1383369193116_02